タントで車中泊-自分でカーテンを設置【日よけ・目隠し】

この記事は一番下のグレードのタントに乗っていて、後部座席の日よけが無く、自分でカーテンを付けたい方向けに書いています。

車中泊カスタムの記事って、前置きがやたら長くて知りたい内容にたどり着かない記事も多いので、ここでは結論から書いていきます。

目次

タントで車中泊-自分でカーテンを設置【日よけ・目隠し】

完成図はこんな感じです。

使った備品はこちら

  • クリップナットM6
  • アイボルトM6
  • 突っ張り棒2m太さφ13mmm
  • 遮光カフェカーテン100×70

タントにカーテン 手順

必要物品はこれで全部です。

やり方を説明します。

まず備品ですが、ホームセンターでもいいのですが結構探すのも手間だったのでAmazonがベストです。

突っ張り棒もはじめはニトリとかで購入しようと探したのですが、2メートル級って無かったので結局Amazonにしました。

クリップナットをつける

このクリップナットを

こんな感じで車内の四隅につけます。

ピラーと呼ばれる車の柱の部分ですね。

アイボルトをつける

クリップナットのネジにつけます。

ネジを強う締めすぎると傷がつくので要注意です。気になる方は、隙間に布とかを噛ませるとよいかと思います。

突っ張り棒にカーテンを通して設置

突っ張り棒の両端にあるキャップは外れるので、カーテンを通した後にアイボルトの穴に入れて設置しましょう。

タントのカーテン全体像

写真のうまい下手はさておき、これならDIY初心者でも簡単です。

物品選びの注意点

道具で苦労したのは「突っ張り棒」です。

長すぎるとカーテンを使わないときに突っ張り棒が邪魔だし、伸縮の幅が広いものだと強度や耐荷重に問題があります。

おそらく最適なのは「110センチ~190センチ」のこの突っ張り棒かなと感じました。

まとめ

グレードが中盤から上位のタントだと、後部座席にメッシュの日よけが付いているのですが、グレードを上げると車体本体も高くなるので、日よけ目的ならDIYで十分かなと思います。

安っぽい感じはしますが、まあ目隠しなのでこれくらいで良いと感じるかたは是非真似してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次