アフィリエイト

最速でグーグルの検索結果の上位表示をするなら【キーワード外し】が有効です

こんにちは、ゆえです。
先日こんなツイートをしました。

おはようございます。昨日ブログの開設の方法をTLでオープンにしてやりとりしてましたが、僕のブログへのアクセスも急増してました。やはり興味がある人は多いんですね。ただ「めんどくさい」「難しそう」が先行して行動する人はあまりいません。”楽して稼ぐ”は大変ですが実は最初だけです。

ブログをはじめたい方が沢山います。
しかしいまいちやり方がわからない人がほとんど。

挫折する人が9割いるような印象です。

実際にブログ開設までたどり着いたとして、次にぶち当たる問題は。

  • 何を書いたらいいかわからない
  • ネタが切れる
  • ブログ書いたけどアクセスが無い

大きく分けてこの3つだと思います。

今回の記事では、最後の「ブログ書いたけどアクセスが無い」これの改善について深堀していこうと思います。

それではしばらくお付き合いください。



最速でグーグルの検索結果の上位表示をするなら【キーワード外し】が有効です

早速ですが結論です。

キーワードを他の人と違うものにしましょう!

これだけだと何のことかわからないので具体例を出して行きます。

このユーザーはなんて検索するのか?

【例】
都内在住の30代の男性。
彼は最近顔の肌荒れに悩んでいます。

悩みはこの通り…

毎日ひげそりをするたびに口の周りが荒れるな…。
乾燥の時期だとなおさら。

見た目も悪くなるし痛いし改善したい。

そういえば最近ヒゲ脱毛の広告をよく見るし、友人でもヒゲ脱毛やっている人もいる。
少し興味もあるし調べてみようかな。

あなたがこのような状況だとするとどのようにネットで検索しますか?
恐らく大半の人はこのようなキーワードで調べると思います。

  • ヒゲ脱毛 肌荒れ
  • ヒゲ脱毛 費用
  • ヒゲ脱毛 体験談
  • 新宿 メンズ脱毛 口コミ
  • 池袋 ヒゲ脱毛 評判

大体こんな感じですよね。
このようなワードは「誰しも思いつくワード」です。

つまりこのようなキーワードで検索に引っかかるようにブログに書いても、競合が沢山いるので、ブログを始めたばかりの人では勝てません。

Googleの検索結果で上位に出てこないと、ブログを誰も見てくれません。
つまり書いていないのと同じです。

SEOと言って専門に対策をする業者がいるほど重要な要素です。
月額何十万も支払う企業もいます。

SEO:Search Engine Optimization

検索結果の1ページ目(上位)に表示させることを言います

それではどのようにしたら、ブログ初心者でもブログアフィリエイトで収益が出るのか?

キーワード外しについて次は説明していきます。



キーワード外しの具体例を考えましょう

早速ですが、ユーザーがネットで検索をする時の定番ワードがあります。
皆さんは無意識で使っているかと思うのですがこのようなものです。

  • 口コミ
  • やり方
  • 評判
  • 費用
  • 体験談

よく使っていませんか?
ネットで検索をする時は大半の方は

「〇〇 + 〇〇」

このように複数のワードで検索をする傾向があります。
先程のヒゲ脱毛を例にすると。

  • ヒゲ脱毛 口コミ
  • ヒゲ脱毛 費用

こんな感じです。

より具体的にユーザーが検索するときは、このワードにプラスして地名を入れます。

  • 渋谷 ヒゲ脱毛 比較
  • 東京 ヒゲ脱毛 体験談

何となくわかってきましたか?
これは定番ワードの検索方法です。

キーワード外しの例を挙げていきます

  • 口コミ → 感想
  • やり方 → 手順
  • 評判 → クレーム
  • 費用 → 出費
  • 体験談 → 経験談

定番のキーワードを右側に書いたものに変換しましょう。
検索数は少ないです。

ですがライバルも少ないです。

  • ヒゲ脱毛 感想
  • ヒゲ脱毛 出費

こんなイメージです。

初心者が戦うべき領域はこれです。
ライバルの少ないワードを記事の中に散りばめるのが必勝法ですね。

ブログのアクセス数を増やす為に読んでおいた方がいい本を3冊紹介します。結論から言うと、webに関する情報ならネット(最近ならYouTube)で探した方が良いです。 SNSで発信している人をフォローするのもありです。 流れの早い領域なので本の情報だと正直なところ古いです。 しかし昔から変わらないものがあります。 それがセールスライティングのスキル。 文章を書く 目に見えない人に物を売る この辺りのスキルは今も昔も変わりません。 アマゾンや楽天で検索すると似たような本がたくさん出てきます。 基本的に同じ内容が記載しているのでたくさん読む必要はありません。 これからおすすめする3冊で良いかなと。...