ブログの書き方

【Google Search Console】人工リンクに対するペナルティを解除する手順

こんにちは、ゆえです。
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

ブログをやっている人ならキーワドごとの検索結果の順位は気になるものです。

順位を上位にあげる方法は、ひたすらユーザーにとって有益な記事を描き続けるしかありません。

ゆえ
ゆえ
しかし世の中には裏技もあります。
ブラックハットSEOとその解除方法について知りたい方はご覧ください。

今回は裏技によってGoogleからペナルティを受けた場合の、解除をする手順についてまとめています。

それではご覧ください。



【Google Search Console】人工リンクに対するペナルティを解除する手順

外部リンクを増やすためだけにサイトを量産したり、リンク販売業者からリンクを購入してしまうと、Googleからペナルティを受けます。

このペナルティを解除しなければ順位は改善しません

万が一ペナルティーを受けてしまった場合の対処法を解説します。

ゆえ
ゆえ
サーチコンソール(通称サチコ)は導入済みのものとして説明していきます。

おおまかな作業と流れ

  1. Google Search Console(グーグルサーチコンソール) の、「サイトへのリンク」のページから、リンクのリストをダウンロードする
  2. そのリストの中から怪しげなリンクを抽出し、テキストファイルにまとめる
  3. 問題となっているリンクを貼っているサイトへ連絡し、リンクを外してもらうように依頼する
  4. Googleが提供している「リンクの否認ツール」を使って、そのテキストファイルを品質の悪いリンクリストとしてGoogleに送信する
  5. 再審査リクエストフォームからそれぞれで行った作業をGoogleに報告する

また、リンクの否認申請に関しては手動ペナルティを受けてなくても実行できますので、ネガティブSE によるトラブルが起きた時に対応できるように覚えておいてください。



勝手に人工リンクが増えていくネガティブSEOとは

ネガティブ SEO という言葉があります。

ゆえ
ゆえ
これは順位を落としたいライバルサイトに対して人工リンクを貼り、ライバルサイトの Googleからの評価を下げようとする手法で、一部の悪質なWebマスターが行うことがあります。

実際のところ、そのようなリンクが増えてもサイトに影響がないと言われていますが、リンクを貼る側は巧妙な手段でリンクを張るため、最悪のケースではあなたのサイトが人工リンクを購入していると誤解されてしまうリスクがあります。

ネガティブSEOの対策は一つしかない

このネガティブSEOような対処法としては、怪しげなリンクを見つけた際には上記のようなリンクの否認以外に方法はありません。

リンクの否認ツールを用いて、そのリンクをコマメに否認することをお勧めします。

そのためにはGoogle Search Consoleを使って、自分のサイトが変なサイトからリンクを貼られていないかどうかを定期的にチェックすることが大切です。

古いSEOを行う人の中には、「質の高いサイトへリンクを貼ることで自分のサイトが良質なサイトとして評価される」と考えている人もいます。

だからそういう人は、自分のサイトの評価を上げるために外部のサイトへリンクを張っているケースもある。

でもそのリンク元のサイトの質が低いようならリンクを貼られた側からすると良い気持ちがしません。



Googleのペナルティには自動ペナルティもある

ゆえ
ゆえ
サイトに課されるペナルティの中には「サーチクオリティチーム」によるペナルティではなく、Googleのアルゴリズムによって、自動的に課せられるものもあります。
これを自動ペナルティと呼びます

この自動ペナルティに関しては、Googleサーチコンソールにメッセージが届かないため、自分のサイトが本当にペナルティを受けているかどうかは自身で判断するしかありません。

例えば

アルゴリズム更新のタイミングで急激に順位が落ちた場合などは、何らかの自動ペナルティを受けた可能性があります。

自動ペナルティを受けるほとんどのケースは…。

  • コンテンツの内容が薄かったり
  • キーワードを詰め込んだり
  • 過度なSEOを行っていたり

Googleが公開しているウェブマスター向けガイドラインを見直しながら、サイトの構造だけでなくコンテンツの中にも見直してみてください。



まとめ

Googleのサーチコンソールを活用する

グーグルサーチコンソールに登録しておくことで、Googleに自分のサイトがどのように評価されているかをすぐに確認することができます。

また万が一、ペナルティーを与えられた場合などの対応が素早くできます。

ウェブマスター向けガイドラインに遵守したサイト運営を行う

Google、で評価されるサイトを作るためにも、Googleがどのような視点でサイトを評価しているのかを知っておきましょう。

ガイドラインには下記の3つがある

  • デザインとコンテンツに関するガイドライン
  • 技術に関するガイドライン
  • 品質に関するガイドライン

Googleから警告メッセージが届いた時は再審査リクエストを出す

Googleから不自然なリンクに関する警告を受け取った際は、リンクペナルティを解除するためのフローに従って行動しましょう。

指摘された問題箇所を改善して、再審査リクエストを出した後問題がなければ、概ね1週間から4週間ほどでリンクペナルティは解除されます。