アフィリエイト

googleアドセンスに登録したい!そもそもgoogleアドセンスとは何?

ブログを書いていれば、googleアドセンスに登録したいと思うことも少なくないでしょう。しかし、登録方法がよくわからない、そもそもGoogleアドセンスは稼げると聞いたことがあるけど、具体的にどのようなものなのか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。今回はgoogleアドセンスの登録方法だけでなく、そもそもどういった特徴があるのか、なぜ収入を得ることができるのかなども詳しく解説していきます。

googleアドセンスとは

googleアドセンスとは、自分で運営しているブログにgoogleアドセンスから提供されるさまざまな企業の広告バナーを張り付けるだけで、うまくすればお金を稼ぐことができるというものです。もっとも、あくまでもお金をもらうことができるようになるというだけで、決してだれもが大きく稼げるというわけではないことは知っておく必要があるでしょう。

お金が入る仕組みとは

しかしなぜ、たったそれだけでお金を手に入れることができるのかといえば、ブログを見ている読者が広告バナーをクリックすることで広告を掲載してもらっている企業に利益がもたらされるからです。企業側は、広告料を払っても十分に利益が見込めるからこそ、googleアドセンスを通して広告の掲載を依頼しています。この時googleに支払われたお金の中から、広告がクリックされたブログ運営者へとお金が支払われます。

googleアドセンスの特徴

登録することで契約している企業の広告バナーをブログに掲載し、お金を稼ぐというシステムはほかにもあります。その中でもgoogleアドセンスの特徴とは、自動的に収益の拡大を最適化してくれるところにあります。

具体的には、サイトと関連性の高い広告の掲載や、単価の高い広告を選別して掲載してくれます。また成果報酬型ではないため、初心者でも手を出しやすいという特徴もあります。

googleアドセンスの審査

googleアドセンスに登録するには、審査を受ける必要があります。審査で何を見られるのかといえば、不正が行われていないか、悪質なサイトではないかなどです。とくに独自性の強いサイトや専門性の高いサイトであれば、審査は通りやすいでしょう。逆に、どこにでもあるような記事やコピペばかりの中身のないコンテンツが多ければ、審査に落ちてしまうこともあります。

googleアドセンスの登録方法

googleアドセンスに登録したい、そう考える方も多くいます。しかしどのようにして登録すればいいのか、どのような審査があるのかなどがよくわからなくてできないと見逃している方も多いでしょう。ここでは登録方法を簡単にまとめておいたので、ぜひ参考にしてみてください。

登録方法①有料ブログの作成・運営

googleアドセンスに登録するには、できるだけ有料のブログを作成する必要があります。なぜなら、無料ブログの場合はURLがgoogleアドセンスに申請できない形式があるからです。

基本的には独自ドメインを取得して運営できるブログで、申請・登録をすることとなります。また、1つも記事がない作り立てのブログでは確実に審査に落ちてしまうので、最低でも10から12程度記事を公開してからにしましょう。

登録方法②googleアドセンスの申請

googleアドセンスは、公式サイトから申請することで審査をしてもらうことができます。審査に通るにはいくつかのポイントがあるので、申請する前にどんな点に気を付ければいいのかをチェックしておきましょう。

また、アドセンスに登録するには名前や住所・電話番号の登録も必要になるということを覚えておく必要があります。個人情報を送信することに抵抗がある方は、googleアドセンスの登録はできません。

申請後、無事に登録できていれば広告が表示されますが、申請してから審査審査結果が出るまでには個人差があるので遅くても気にしないようにしましょう。早ければ1日で結果が出ますが、遅いと1か月かかることもあります。

googleアドセンスに合格するポイントとは

そもそも、googleアドセンスの審査を通すには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。いくつかポイントがあるので、ぜひ登録の際の参考にしてみてください。

①ブログの内容
②記事にあるテキストと画像のバランス
③コンテンツに最低限必要なものが準備されている
④googleアカウントを持っている
⑤サイトの操作性
⑥お問い合わせがある
⑦プログラムポリシーを守っている

これらを守ることで、より登録しやすくなることでしょう。項目ごとにどのようなことに気を付ければいいのかを詳しく見ていきましょう。

①ブログの内容

ブログの内容というのは、非常に重要です。意味のない日記的なブログを延々と繰り返していてもgoogleアドセンスに登録することはできません。大切なのは、ユーザーの悩みを解決するような記事であるかどうかです。ユーザーがどのような悩みを抱えているのかを、しっかり把握しておくことが重要です。

また、記事の独自性というのも、非常に大切なファクターになります。「どこかで見たような記事」「ネットにあふれていて全く目新しいものがない記事」では審査を通過することはできないでしょう。そのブログでしか知ることができない、ほかにないコンテンツを入れておく必要があります。

②記事にあるテキストと画像のバランス

文字ばかりのブログでは当然読みにくく、かといって写真ばかりの中身のない記事では読者をひきつけておくことはできません。そのため、審査に通過するためにはテキストと画像をうまく配置して、記事内でのバランスをとることが大切です。

もちろん画像のサイズがバラバラでは読みにくいのでサイズを統一しておく、テキストは読みやすいように適切な改行がなされているなどといったことも重要になります。

③コンテンツに最低限必要なものが準備されている

最低限必要なコンテンツというのは、当然記事数や文字数のことです。文字数については、1記事が2000文字から2500文字はあるのが望ましいとされています。また、記事数についても少なすぎれば審査に通ることができないので、最低でも10記事以上は公開しておくようにしましょう。

④googleアカウントを持っている

googleアドセンスは、そもそもgoogleが提供しているサービスです。そのため、googleアカウントを持っている必要があります。もしもgoogleアカウントを持っていないのであれば、事前に作成しておくといいでしょう。

⑤サイトの操作性

操作が難しいサイトや、ユーザーが見たいコンテンツをなかなか見つけられないようなブログでは審査に合格することは難しいでしょう。メニューバーを作るなどして、ユーザーが迷子にならないように簡単に操作できるようにしてください。

⑥お問い合わせがある

お問い合わせフォームがあると、何か問題が起きたときに解決することもできるでしょう。お問い合わせフォームは、いざというときの手段というだけでなくユーザーに安心感を与えることができます。もちろん、サイトに対する信頼も高まることでしょう。

また、お問い合わせだけでなくプライバシーポリシーもきちんと明記しておくことで、より安心感を高めることができます。

⑦プログラムポリシーを守っている

プログラムポリシーが何なのかわからない、という方もいるかもしれません。プログラムポリシーというのはgoogleアドセンスの規律のようなものであり、簡単にその内容を知ることができます。

具体的には、表示回数やクリック数を作為的に増やすことを禁止する、ユーザーに広告のクリックや表示を促す、不正なコンテンツや違反と思われるコンテンツの禁止などです。基本的なことばかりなので、必ずチェックして守るようにしてください。

まとめ

googleアドセンスは、ブログ運営者にとってお金を稼ぐことのできる手段の一つです。簡単に稼げるというわけではありませんが、ブログを運営する上でぜひ、登録しておきたいのも確かなことでしょう。きちんと基本を守って、ためになるブログの運営を心がければgoogleアドセンスの審査に通りやすくなります。まずは一度、試してみてください。