アフィリエイト

ブログにリスティング(Google広告)を使ってみたら効果はあるのか | 実績公開

こんにちは、ゆえです。
先日こんなツイートをしました。

 

ある程度データが集まったので実績の公開をします。
そもそもGoogle広告については過去記事をご参照ください。

 

ブログアフィリエイトにリスティング | Google広告をやったら効果はあるのか?アフィリエイトブログにリスティングで集客をしたら収益はあがるのだろうか?実際にやってみてその効果の程を検証していきます。...

 

7日間のデータですが、これからリスティングをやってみようと言う方にとっては参考になるかと思われます。

それではお付き合いください。



ブログにリスティング(Google広告)を使ってみたら効果はあるのか | 実績公開

 

早速ですが実績から公開いたします。
こちらの画像がGoogle広告の管理画面(レポート)です。

レポートでは

  • クリック数
  • 表示回数(インプレッション)
  • 平均クリック単価
  • 費用

こちらが確認できます。

Google広告は1日当たりの単価(上限)を設定できるので、コストに関しては人それぞれ違ってきます。
僕は1日あたり300円を上限として設定しました。

 

キャンペーンといって、広告をグループで管理できます。
予算もグループごとの設定なので、際限なく費用がかさむことが無いように設定できるという事です。

1日当たりの上限を高めに設定すればクリック数はもっと稼げます。
ただしコストと収益(アドセンス)の比較が重要です。

 

7日間で2410円の広告費用が掛かってます。

同じ時期のアドセンスの収益は上記の広告費より上でした。
(具体的な金額はルール上載せてはいけないので記載はしません)

結論からいうと、ブログアフィリエイトでリスティングをするのは悪くはないですね。
ただし、アフィリエイトの種類によってはリスティングが禁止されているので注意が必要です。



リスティングのクリック数について

 

こちらはGoogle広告のレポート画面です。
キーワードごとに費用やクリック率を確認することが出来ます。

コンバージョンについては、設定をしなければ0(ゼロ)になります。
まあアドセンスにせよ、ASPにせよ他のレポートでも確認はできますので、Google広告のコンバージョン設定は不要かなと個人的には思われます。

そもそもECサイトでは無いのでいらないですね。



 リスティングはどんなキーワードがいいのか?

リスティングをやる時に最も大切なのがキーワードの選定です。
少しだけリスティングの仕組みについて説明します。

リスティングの基本的なところ

  • キーワードごとに1クリックの値段が違う
  • クリックされなければ費用は掛からない
  • 設定金額が高い方が検索結果の上位に表示される

こまかいルールは沢山ありますが、この3点だけ理解していればOKです。

 

キーワードの選定が超重要!とことん考えましょう。

お金をなるべく使わないで集客を最大化する事が出来たらいいですよね。
沢山広告費を掛ければ集客は出来ます。

ですが、アフィリエイトの収益より広告費が高くなってしまうと本末転倒。
おすすめのキーワドの決め方を書いていきます。



リスティングキーワードの選定

検索数が多いキーワード程、1クリックの単価が高いです。
よくビッグキーワドと言ったりします。
主に1単語のみのキーワードですね。

  • 脱毛
  • ダイエット
  • 筋トレ
  • 美容

こんな感じ。
検索する人も多いのですが、クリック単価も高いので消耗するばかりです。

体力勝負(お金)の肉弾戦ですね。

広告費に割ける費用が少ない人にはつらいです。

ねらい目はスモールキーワード

例えば先ほど例に挙げたキーワードのクリック単価がこのような金額だとします。
(実際は違うので注意してください)

  • 筋トレ 1000円/1クリック

ですが、このキーワードのデメリットは筋トレの何を知りたいのかわかりません
只々無意味なクリックが増えて成果が得られないと考えられます。

そこで、どのユーザーに向けて広告を出したいのかを考えることが重要です。
例えば筋トレでダイエットをしたい30代の男性に見てほしいブログであれば。

  • 30代 筋トレ
  • 筋トレ ダイエット 男性
  • 体質改善 ダイエット

こんなキーワドがおすすめです。
大体Googleで検索をする時って2つ以上のキーワードを入力しますよね。

検索数は減るのですが、見込みのあるユーザーが見てくれます。
検索数が少ないと1クリックあたりの費用も安くなります。

  • 30代 筋トレ 40円/1クリック

こんなイメージです。

ニッチ過ぎるキーワードはリスティングの必要はない

とはいえ、ただ検索数の少ないキーワードを沢山設定すればいいのかと言うとそうではないです。

検索数が少ないワードでブログを書いている場合、競合が少ないので自然検索でも1位に出てきます。

そこそこ競合がいて自然検索だと1ページ目に出てくるのが厳しいキーワードでリスティングをすると、広告費よりもアドセンスの収入が勝るのでお勧めです。

どのキーワードがどれくらい検索されているかについては、Google広告のキーワードプランナーを使うとすぐにわかりますよ。

キーワードプランナーの使い方は過去記事を参照してください。

キーワードプランナー
効率よくアフィリエイトを | グーグルキーワードプランナーの使い方【2019年版】キーワードプランナーとは、ブログの集客やアフィリエイトのライティングに欠かせないキーワード調査ツールです。無料で使うことが出来るので、ブログ集客に力を入れたい人はぜひ利用しましょう。それでは使い方を説明していきます。...