LIFE

人工芝のDIY | 値段やデメリットの比較 | おすすめメーカーを紹介

こんにちは。
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

当記事では「人工芝のDIY | 値段やデメリットの比較 | おすすめメーカーを紹介」について書いています。

今、世の中はガーデニングブームですね。

マンションやアパート住まいの人もベランダのプランターで野菜や花を育てているお宅も多いと思います。

我が家は一軒家でウッドデッキと数台分の駐車場もあるのですが、まったくガーデニングに興味がありませんでした…

と、いうより家の周囲の雑草を根から枯らす為に、除草剤を撒くのが毎年の恒例行事でした。

そんな雑草すら許されない我が家の横にかわいい家が建ちました。

ご夫婦が仕事を引退して二人きりでガーデニングを趣味に余生を楽しむそうです。

その手順を隣で一ヶ月近く見続けた私は、1日1日素敵になっていく隣の庭に、目を奪われました。

特に一面に広がる人工芝は綺麗に敷き詰められ、私も我が家の無駄に広い土地を緑で着飾ってみたくなり、勉強を始めました。

最初はプランターからウッドデッキを着飾りました。

そして次に人工芝を勉強しました、種類や人工芝のDIYを。

私のような素人にもわかりやすいサイトを見つけました、それがこの『人工芝DIY完全ガイド』です。

私のように興味がつい最近のド素人でも、とてもわかりやすい魅力的なサイトです。

このサイトの素晴らしいところをまとめてみました、きっとあなたも楽しくなり、ハマるでしょう!

人工芝のDIY | 値段やデメリットの比較 | おすすめメーカーを紹介

まず次に当てはまる人は是非この人工芝DIY完全ガイドを見るべきです。

  • 人工芝の施工を全部自分の思い通りにやりたい。
  • できるだけコストを抑えたい。
  • 人工芝の施工はした事がないけどDIYが大好き。

当てはまる人は、是非このサイトひとつでチャレンジできます。

この『人工芝DIY完全ガイド』は人工芝施工の完全ガイドなのです。

DIYで人工芝の施工をする場合の、オススメの製品と具体的なDIY方法を紹介しています。

私のようなド素人でもとてもわかりやすいので、具体的な案を出す前にサイトの閲覧をオススメします。

材料や道具、失敗例など

人工芝DIY完全ガイドを参考に話しをすすめて行きます。

材料はまず人工芝ですが、ジョイントは狭いところに敷き詰めるもので、ホームセンターなどでは30cm×30cmが一番売れています。

それに対し、ロールは広いところに敷き詰めるものになっています、敷きたい場所に応じてジョイント式、ロール式を選択します。

芝の長さの事をパイルの長さと言います。

長いパイルはクッションになり足腰の負担の軽減になり、怪我がしにくいです。

短いパイルはテニスや野球、パターゴルフなどボールに対して繊細なタッチを求められる時に使われます。

そして人工芝には

  • 見た目で選びたい人
  • 耐久性を選びたい人

がいるので『楽天人工芝人気ランキング』や『Amazon人工芝人気ランキング』なども参考になります。

材料と道具も一覧で載せていますが、道具についてはなるべく家にあったり、ホームセンターで安く手に入るものしか載せていません。

手順も設置したい場所の雑草や石ころから除去するところから整地にして、防草シートを敷く手順まで、しっかり説明されています。

中には代表的な失敗例も予防策の一貫で説明されています。

  • 雑草が生えてくる。
  • 人工芝の表面がデコボコになる。
  • 見た目に色ムラがある。
  • 繋ぎ目に隙間ができている。
  • カビや虫が発生してしまう。

通常の失敗が予想される事はだいたい予防策があり、しっかりこのサイトに載っています。

ですから、最初からこのサイトで予防策として頭に入れておけば、失敗が小さいもので済むかもしれません。

サイト内で紹介されているおすすめ人工芝

まずはAmazonの人工芝ランキング1位!

ベストセラーになっているのがこちら

タンスのゲン リアル人工芝

人工芝をAmazonで調べたのは初めてですが、口コミ評価も高いので安心ですね。

ユーテン 人工芝

タンスのゲンと素材は同じなのですが、よりきめ細やかで感触のよい人工芝を求めている人にはおすすめらしいです。

山善 人工芝

山善って扇風機とか家電のイメージがあったのですが、人工芝も作っているんですね。

これは除草シートが入っているようなので、ハイスペックな人工芝を求めている人におすすめらしいです。

他にもたくさんおすすめの人工芝が紹介されているので、人工芝完全ガイドをご参照ください。

人工芝のプロ | 株式会社ワイズヴェルデ監修

人工芝についてのサイトはたくさんありますが、やはりプロが監修しているところが信頼出来ます。

監修は株式会社ワイズヴェルデの山田康幸社長です。

サラリーマン時代にリアル人工芝に出会い、人工芝事業の現場施工、販売の統括リーダーを経て、2014年より個人事業ワイズヴェルデとして人工芝施工奉行を開始。

2018年より、株式会社ワイズヴェルデとして法人化、少数精鋭ながらもその技術力とコストパフォーマンスの信頼性により、創業わずか5年間で1000件近くの人工芝施工実績を持つ、正真正銘の人工芝施工のプロです。

サイト編集に関しては、DIYが少し得意なレベルの人とまったくのド素人さんによって出た疑問を、監修の山田社長によって細かく説明している感じですが、それぞれの疑問の要所で詳しく調べたランキングやサイトなど、もっと知りたい人のために細かく説明されています。

メンテナンスのポイント

施工後にまず、1番気を付けなければならない事は、負荷をかけすぎない事です。

人工芝の上に石のブロックや大きい椅子など、重たい物を置くとパイルが潰れてしまいます。

車を走らせるなどもとんでもないです。

長持ちさせる為には荷重をかけないようにしなければなりません。

メンテナンスについては次の三つも大事です。

  • デッキブラシを使ったブラッシング。
  • 土やゴミ、落ち葉の掃除と除去(掃除機、ホウキを使って)
  • ペットの糞を除去

ペットの糞はその都度綺麗にするとは思いますが、その他二点もなるべくこまめに手入れをすれば、綺麗に維持できます。

やはり自分では難しいのでプロに施工をお願いしたい

私のように不器用でめんどくさがりの人もたくさんいると思います。
  • 自分でやるのは面倒くさい。
  • 失敗してお金と労力を無駄にするのは嫌だ。
  • プロに依頼した方が安心。

こういった人にもこのサイトはオススメです。

人工芝施工主要業者を総合口コミ評価など含めたランキング形式を徹底比較で発表しています。

やはりコストの問題があったとしても、プロの仕上げにかなうものはありませんよね。

必要な選択肢のひとつではありますので、この徹底比較のランキングはとても助かります。

途中放棄になるのなら、これも選択肢に入れる事も考えましょう。

やっぱり自分で自分好みのDIY

でもでも、やっぱり自分でどうしてもやりたいですよね!

自分のお城のような人工芝のある風景、自分好みにしかも安く作りたいですよね。

それなら、やはり、このサイトで決定です!

これひとつで、間違いなくすべて納得し、進めていけます!

しっかりとした実績のあるプロに監修されたこの『人工芝DIY完全ガイド』は人工芝の完全ガイドです。

是非皆さんも始める前に参考にしてくださいね。

きっといい方法、いい結果を実感できると思います。

参考サイト:
>>人工芝DIY完全ガイド