LIFE

アラフォー転職 | 未経験で医療業界にチャレンジ【体験談】

こんにちは、ゆえです。

当記事では「アラフォーの転職」について深掘りしています。

20代~30代前半ならまだしも、アラフォーの転職はハイリスクハイリターンです。

実際にアラフォーで未経験から医療業界に転職した私が、体験談を元にまとめます。

当記事は

  • 医療業界にチャレンジしたい方
  • 未経験の業界に興味がある方
  • 年収アップをしたい40代

このような方にオススメです。

医療業界は、人間の体と同じように複雑です。

そのため、やりがいがあるだけでなく、高い技術力とモラルが求められる仕事でもあります。

医療業界は広大で多様性に富んでおり、この業界に飛び込もうとしている人にとっては敷居が高いと感じられるかもしれません。

そして活躍の場は実にさまざまです。

少しでも参考になれば幸いです。

アラフォー転職 | 未経験で医療業界にチャレンジ【体験談】

それでは現在私が勤務している病院について書いていきます。

在宅医療のクリニックであり、緩和ケアと言って、自宅で最期の時を迎えたい方の支援をする病院です。

医師や看護師の他に、メディカルアシスタントという職種が活躍しています。

メディカルアシスタントは、医療チームのサポートスタッフです。

医師、看護師、その他の医療従事者が患者に医療行為を行うのをサポートします。

メディカルアシスタントの主な仕事は、電話応対、書類やカルテのファイリング、メッセージの受け取り、予約や入院の手配、採血などの治療の手伝いなどです。

この職種の最大の特徴は「無資格」でも働けるというところです。

まず医療業界未経験であれば、このメディカルアシスタントを目指すことがおすすめです。

そして私もこのメディカルアシスタントとして医療業界に飛び込みました。

ハイリスクハイリターン

早速ですが結論です。

アラフォーで未経験の医療業界に転職するのはハイリスクハイリターンです。

異業種・異職種から医療分野への転職・キャリアチェンジをお考えの方は、そもそも医療業界での転職は可能なのか、また転職先でのキャリアアップにつながるのか、気になりますよね。

また、自分がどうなりたいのか?何をしたいのかを考えることが大切です。

資格が欲しかったら勉強する必要があります。

その場合は、専門学校や通信教育など勉強の選択肢があります。

国家資格を必要とする仕事に就きたい場合は、まず勉強をしなければなりません。

しかし、医療事務やメディカルアシスタントのように、特に国家資格を必要としない仕事であれば、転職も容易でしょう。

幸い、医療事務やメディカルアシスタントは人気のある仕事ですし、民間資格ですが、資格を持っていると仕事を得るのに有利になるかもしれません。

医療の現場では、事務的なミスによって多くの患者さんが危険にさらされています。

そのため、医療現場では事務作業の効率化が求められており、そこにあなたの出番があります。

もし、あなたが現在、医療分野以外の仕事に就いていて、業界を変えて医療の仕事に就こうとしているなら、そのポジションに就くまでにはいくつかの障害が予想されます。

積極的にメディカルキャリアを構築することは、乗り越えられない課題のように思えるかもしれません。

しかし、乗り越えられない課題などありません。

そのためには、これまでに培ってきたスキルや経験を棚卸しして、それを今後のメディカルキャリアにどのように活かしていくかを考えてみましょう。

例えば、コンピュータのスキルや顧客サービスのスキルは、問題解決能力の指標となります。

病院事務の仕事は、病院内の各部門の円滑な運営を維持するために欠かせない役割です。

医療従事者が職務を適切に遂行するためには、すべての部門で一定水準以上のレベルが必要です。

だからこそ、医療受付、医療会計クラーク、事務アシスタントは、自らの責任やスキルを自覚することが重要なのです。

アラフォーでも転職をおすすめする理由

年収や、今の仕事に不満があるなら40代でも転職するべきです。

今の仕事が10年後に存在するのか?若い人でも代わりがきくのか?

その辺りも考慮した方が良いでしょう。

もしあなたの仕事が長年の技術を必要とするものだったり、手作業でしか出来ないものであったり、一子相伝の秘伝のものであったり。

このようなものであれば継続しても良いかもしれません。

例えば医療業界で言うと、

  • 内科
  • 精神科
  • 皮膚科

この辺りは将来的にAIの問診と画像診断で十分だと言われています。

逆に

  • 外科
  • 遠隔診療

この辺りの領域は「人」がいないと成り立たないと言われています。

同じ業界であっても、職種によってキャリアチェンジのメリットの有無がありますので、慎重に考える必要があります。

何より、アラフォーは未経験にチャレンジ出来る最後のチャンスだと思ってください。

受け入れ先も40代は渋ります。

前職のスキルは活かせない業界でもOKですが、40歳は一つの区切りだと認識しましょう。

未経験から医療業界に転職【具体例】

もともとはアパレルの仕事をしていました。

年をとったら出来る仕事でもないため、収入アップを目指し仕事を探すことに。

医療の領域には興味もあったため、まず無資格でも働ける会社はないものかと探し始めました。

そこで見つけたのが「メディカルアシスタント」という仕事です。

いきなり応募しても受かるはずもなく、最低限の医療の勉強をすることにしました。

アパレルの仕事をしつつ、バイトが出来る医療の現場があればやってみる。

そうすれば、リスクもすくなく新しい業界の知識を頭に入れることが出来ます。

本業をやりつつ、新しい道を開拓する訳です。

じょじょに新しい道を広く・太く整備して、これなら医療業界に転職してもやっていけるだろう!というタイミングで、自分が働きたい病院に応募することが、成功への近道だと言えます。

反対意見への理解

それでも、転職で失敗したらもう後がありません。

そんな意見も多いと思います。

40代の転職はハイリスク過ぎるけれども、独学では得られない知識が手に入るならよいと考えるとどうでしょうか?

  • 不動産の勉強をするなら、不動産屋に就職するのが手っ取り早いです。
  • 金融なら証券会社に。
  • マーケティングならコンサル会社に。

お金を貰いつつ、必要な知識が入るという考え方もありです。

転職後に給料があがるなら、専門的な知識が手に入るなら、数年間は我慢して働いてしまうのも選択肢の一つだと思います。

まとめ

実際に未経験の領域に転職したので、自信をもっていてるのですが、ある程度のリスクはアラフォーであればとるべきです。

給料が上がるとモチベーションも上がりますし、やりたい事が出来るようになります。

自分にあった職業がなんなのかはやってみないとわかりませんが、やりがいや年収といったわかりやすい指標がありますので、まずはちょこっと足を踏み入れて見ることをおすすめします。

ただし、40代の転職では40代なりの方法論がありますので、以下のサイトなどでノウハウを学んだうえで、転職活動を始めるようにしましょう。

セカンドゴング|40代の転職を応援するメディア