LIFE

jfifで保存されてしまうデータをデフォルトでjpegで保存する方法と手順【レジストリが原因】Windows10

こんにちは、ゆえです。
ブログを見ていただきありがとうございます。

この記事を見るとjfifで勝手に保存されてしまうデータをjpegで保存する方法と手順がわかります。

タイトルの現象はwin10のアップデートによるものです。

jfif→jpegの変換アプリやサイトの紹介ではなく、デフォルトでjpegにする方法です。

古い情報や文字数稼ぎのサイトが散見されるので、簡潔に方法のみ記載していきますのでご覧ください。

2020年度最新版として記録に残しておきます。
それでは早速方法から。



jfifで保存されてしまうデータをデフォルトでjpegで保存する方法と手順【レジストリが原因】Windows10

手順1


キーボード左下のWindowsマーク(□が4つの窓のマーク)と「X」を押します。
上記の画像が出てきますので、ファイル名を指定して実行をクリックしてください。

Windowsマーク + X(エックス)

ファイル名を指定して実行

手順2


この画面が出てきますので、検索バーに

regedit

こちらをコピペして入力してください。

手順3


レジストリエディターという画面が出てきます。
画面上部の検索バーに

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\MIME\Database\Content Type\image/jpeg

こちらをコピペして入力してください。

手順4

Extensionをダブルクリックします。

オレンジの丸で囲った部分の「値のデータ」を

jfifからjpegに変更してください。

作業は以上です。



まとめと確認

修正前
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\MIME\Database\Content Type\image/jpeg]
“Extension”=”.jfif

修正後
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\MIME\Database\Content Type\image/jpeg]
“Extension”=”.jpeg

この作業でjfifで保存されていた拡張子がjpegで保存されると思います。

firefoxで良く確認されていたバグ?ですが、chromeでも確認されています。
結果的にレジストリのエラーです。

是非お試しください。

デザインで自分らしい人生を手に入れる。未経験のためのデザイナー養成スクール