LIFE

ADHDやASPでも働きたい【就労移行ナビ】を使えば繊細さんでも安心

こんにちは、ゆえです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます。

ゆえ
ゆえ
この記事では就労支援について解説しています。

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 就労支援とは
  • 就労支援の利用をおすすめする人
  • 就労支援事業所の探し方

この記事はこんな悩みを抱えている方におすすめです!

悩み
悩み
障害を持っているが働きたい。
悩み
悩み
求人サイトを使っても内定が出ない。
悩み
悩み
おすすめの就労支援の事業所はどこ?
ゆえ
ゆえ
中々難しいテーマではありますが深掘りして行きましょう。

ADHDやASPでも働きたい【就労移行ナビ】を使えば繊細さんでも安心

就労支援って聞いたことありますか?

とても細かくて複雑なルールはあるのですが、とてもざっくり言いますと何らかの障害があるけれども働きたい人を支援する事です。

就労支援にも2種類あるのですが

  • 一般就労を目指している人を支援する
  • 一般就労が難しい障害を持った方を支援

この二つです。

就労支援の細かい情報については、厚生労働省のサイトを確認するのが一番間違えが無いと思います。

就労支援は何をしてくれるのか

私の職場にも就労支援で面接希望の方が来たことがあります。

どんな流れだったかと言うと

  • 就労支援の担当の方から連絡がくる
  • ハローワークから連絡がくる
  • 面接希望者がいる(障害があり就労支援をつかっている)
  • 就労支援の事業所の方付き添いで面接をする

こんな感じでした。

面接をするまでのサポートを一貫してやってくれるのが就労支援の一番の仕事だと思います。

もちろん一人一人個性は違いますので、「これが就労支援の仕事!」とははっきり定義は出来ないのですが、ワンストップでサポートをするという解釈で良いと思います。

どのような方が対象なのか?就労支援の料金はいくらなのか?

このサイトがわかりやすく書いてあります。

参考:就労移行ナビ
>>https://working-navi.com/guide/about/

就労支援の利用をおすすめする人

どんな人が就労支援を使った方が良いのか、具体例を考えて行きます。

これはあくまで主観ですが

  • ADHD
  • HSP

こちらに悩んでいる方は就労支援を使ってもいいのかな?と思います。

それぞれ深掘りしていきます。

ADHDと就労支援について

まずADHDの定義からおさらいです。

文部科学省のサイトによると

ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。 また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

引用:ADHDの定義と判断基準

学校や仕事で悩んで不登校になったり、退職してしまったりと悩んでいる方が多いですよね。

ですがADHDの方は職種や職場さえしっかり精査すれば能力は高いので、就労支援の事業所の方と一緒に探すとメリットが多めだと思います。

事業所に精神疾患に詳しいスタッフの方がいるとよいです。

ADHDをいかにしてメリットとして使うか、そしてADHDの能力の活かし方を把握しましょう。

ADHDの強み

ADHDについては、周りが見えなくなる位集中する状態があります。

  • 自分が好きな事にしか集中しない
  • 自分が集中出来る仕事に就くと力を発揮出来る
  • 創造性が豊か

好きでやりがいを感じるものを事業所の方と話したり、好奇心が発揮される業界だとうまくマッチングすると思います。

自分で求人を探すのも大変なので、就労支援の利用はおすすめだと言えます。

HSPと就労支援について

続いてHSPについて。

これもおさらいします。

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味です。、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

HSPは良くも悪くも周囲の環境に影響を受けるという特徴があります。

  • 小さい変化にも反応し
  • 振り回され
  • 影響を受けやすい

ネガティブにもポジティブにも反応してしまうので、周りが人の悪口を言っていると、自分のメンタルも凹んでしまったりします。

HSPの強み

しかし、HSPは能力が高い人が多いところもあります。

  • 記憶力が良い
  • 情報処理が早い
  • 勤勉
  • パフォーマンスが下がらない

かなりハイスペックです。

小さな変化にもよく気がつくので、医療職などには実はHSPの人が多いです。

ADHDもHSPも両方ともですが、敏感過ぎて考え込んでオーバーヒートするところがあるだけで、決して能力が低いわけではありません。

しかるべき就労支援を利用すれば安心して働く事ができます。

就労支援事業所の探し方

それではどんな就労支援の事業所がおすすめなのでしょう?

情報をまとめてあるサイトで全体を把握出来るところが良いかなと思います。

例えば大阪の就労支援の事業所をまとめてあるサイトがありますが、情報量も多く参考になります。

参考:就労移行ナビ
>>https://working-navi.com/

おすすめの事業所がランキングになっていたり、そもそも「就労支援とは?」などコラムもたくさんあるのでわかりやすいと思います。

まとめ

障害やコンプレックスのある方にとっては、職場を一緒に探してくれる就労支援の事業所はパートナーです。

ぜひ自分にぴったりの就労支援の事業所を探してみてください。