LIFE

年間2万円以上も節約できる | ポイント3重取りの必殺技【電子マネー】

こんにちは、ゆえです。

キャッシュレス決済でポイント還元。
消費税増税も手伝って、政府も決済業者もこぞってキャンペーンを実施しています。

郵便局の窓口でも、2020年2月からキャッシュレス決済が導入されるようです。

驚くべきは、来年のお年玉付き年賀はがき。
1等賞の景品は現金30万円か電子マネー31万円分。

明らかに電子マネーの方がお得です。

電子マネーとはその名の通り「電子化されたお金」
決済はスマホに表示されるQRコードをスキャン、あるいはレジにかざすだけで完了。

更にはポイント還元という仕組みにより、買い物をすると自動的に得をするようになっています。

今回はキャッシュレス決済の必殺技について掘り下げていきましょう。



年間2万円以上も節約できる | ポイント3重取りの必殺技【電子マネー】

ポイントで得をする必殺技が3重取りです。
電子マネー決済において、ポイントが付与される機会は。

  1. 買い物の決済時
  2. 対象クレジットカードから決済アプリへのチャージ時
  3. 政府のキャッシュレスポイント還元事業対象店舗の利用時

この3回です。

つまり対象店舗での購入時に決済アプリを使い、チャージはアプリと相性のいいクレジットカードで行う事で、ポイントの3重取りが可能になります。

多くの電子マネーを併用するとポイントが中途半端になってしまうので、1~2個に絞って使うのがおすすめです。



おすすめの決済サービスとクレジットカード

モバイルsuica

ビューカードでチャージすれば1.5%のポイント還元が受けられます。

そもそもsuicaはJR東日本の交通系ICカードですが、使える店舗は全国を網羅しています。
生活の中で効率よくポイントを貯めることが出来ます。

可能な限りモバイルsuicaを利用して、1.5%のポイント還元を受けたと試算すると、年間2万円は最低でも浮かすことが出来ます。

1.5%は僅かな数字ですが、ちりつもの大きさは計り知れません。

d払いか楽天ペイ

d払いにはdカード、楽天ペイには楽天カードを紐づけして決済すれば、両方とも1.5%がポイント還元されます。

dポイントはローソン。楽天ポイントは楽天系列のサービスで使用できます。
またどちらもポイントと現金の併用が出来るのがメリットです。

賢く電子マネーを利用して今日から特をしましょう!



得するコンビ

モバイルsuicaとビュー・suicaカード

ビューカードシリーズには、ルミネで買い物が5%オフになるルミネカードや、ビックカメラで10%還元されるビックカメラsuicaカードなどがあります。

楽天ペイと楽天カード

楽天市場のお得さ。
毎月5と0のつく日はポイント5倍、さらに不定期開催のお買い物マラソンでポイント40倍のチャンスもあります。貯めたポイントを楽天ペイで使用することも可能。

d払いとdカード

毎月20日に開催されるdショッピングデーでの買い物でポイント20倍。
無印良品やAmazon、メルカリでもポイントがたまるなど、docomoユーザーでなくても選ぶ価値があります。