LIFE

専門職の代替が急速に進む | 働きがいと経済成長

こんにちは、ゆえです。
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今回はAIの発展による仕事の代替についての話しです。

それではお付き合いください。



専門職の代替が急速に進む | 働きがいと経済成長

働きがいも経済成長も、この分野で最大の技術的トピックは、AIやロボティクスによる、現代の職業に対する人間の労働の代替をどう捉えるかでしょう。

AIが人々の雇用を代替する未来については、ここ数年、多くの有識者が言及していますが、2020年以降はそれは段階的に進行すると考えられています。

最初の大きな変化は、執行を中心とした資格専門職の代替と言われています。

2030年頃には

  • 弁護士
  • 裁判官
  • 税理士
  • 警察官

といった、法律に基づいた判断が求められる職業の現場にAIが導入されるでしょう。

これらの職業は対人技術も求められるため、人間はすぐには排除されませんが、その役割の大半が機械化され、人間は顧客からの対応を行うインターフェースに特化することになるでしょう。



2030年代には、知的生産層へのAIの導入が始まる

研究者、コンサルタント、語学教師、クリエイターなどがAIと職能を分担するようになり、人自体がコミニケーションのためのインターフェースに近づいていくと考えられます。

おそらく、ここ数年で特に影響が大きいのは翻訳AIの進化です。

2025年までには高精度な同時通訳が可能なAIが登場し、世界を隔てる現場の障壁は大きく引き下げられると予測されています。

これはさらなるグローバリズムの進展を意味します。

2030年代には、言葉の壁を超えて、世界中の民族の文化や民意が、より複雑に混在する社会が訪れるかもしれません。もう一つの大きな変化は、自動運転の普及による国協会の変革です。

自動運転の分野では、政府が具体的なロードマップを提示しています。

日本では2018年12月より羽田空港などの全国4空港で自動運転バスの実証実験が行われており、2021年の東京オリンピック、パラリンピックでの実用化を目指しています。

2030年までには、各地域のバスやタクシーといった交通機関にも自動運転が導入され、現在のドライバーと言う職業は衰退していくことになるかもしれません。

こういった社会、技術状況の変化の中、形や労働の対価等の考え方は大きく変化し、個々の肉体的、精神的ストレスの向き合い方も変わっていくことでしょう。



働き方もさらに変わる世界

希少価値の考え方も変わっていき、新しい働き方をする人々が増えていくと思います。

これらの変化の中で、ギグエコノミーとテクノロジーの関係や、ホワイトカラーの仕事が自動化する雇用の関係など、多くのトレードオフが見込まれますが、高い視点と広い視野で現状と未来の距離を考えながら自分の意思決定をしていくことが大切でしょう。

2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子供、障害者及び高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などをつうじた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。

こんな世界が来ると思います。