LIFE

【一眼レフを買いたい初心者向け】おすすめの一眼レフとレンズを紹介 | 難しい言葉は使いません

こんにちは、ゆえです。
先日こんなツイートをしました。


一眼レフ好きがやりがちなやつです。
使っているレンズの詳細を書きたがるやつ。

まあ自己満です(一眼に詳しい人なら詳細とか設定を見るのもいいのですが)

ぶっちゃけ一眼レフを触った事の無い人にとっては、何の得もないツイートですよね。
これから一眼を買いたい人にとっても、専門用語なんてよくわからないし。
ホントに誰得なツイート。

今回は、これから一眼レフを購入したい人向けに、専門用語をなるべく使わずおすすめの一眼レフの紹介をしていきたいと思います。

  • 画素数
  • ISO
  • センサーサイズ
  • 撮影速度

こんな言葉は使いません。
初心者に不親切なので。

直感で分かりやすいようにしていきます。
一眼レフをすでに使っている人にとっては、やや物足りないと思います。
初心者向けの内容なので悪しからず。



【一眼レフを買いたい初心者向け】おすすめの一眼レフとレンズを紹介 | 難しい言葉は使いません

最初に結論から。
個人的に初心者におすすめしたいのは

Cannon EOS Kiss X9


キヤノン CANON EOS Kiss X90 W デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55 IS II レンズキット [ズームレンズ][EOSKISSX901855IS2LK]

こちらです。
初心者向けのエントリーモデルです。
通販価格の平均は63,000円(税込み)くらいですね。

安すぎるものは多分買って後悔します。
レンズとセットでこの値段で性能は、しばらく使用しても後悔しない良いラインです。
(安すぎるの基準は、新品でレンズとセットで3万とか)

ここで一つアドバイス。
初心者が一眼レフを探すときに悩むことと言えば…。

CannonとNikonどちらにするか?

これだと思います。
価格コムとか、通販サイトの比較を見て値段で絞っていくと、大体キヤノンかニコンの二択になります。

個人的にはキヤノンがおすすめですが、ざっくり特徴を比較してみます。



キヤノンとニコンの一眼レフの違いを比較

EOS X9で撮影

ポートレートか風景か

人物を撮るなら キヤノン
風景を撮るなら ニコン

見たままなのか、鮮やかなのか

鮮やかな写りなら キヤノン
見たままの写りなら ニコン

止まっているものか動いているものか

動いているものを撮るなら キヤノン
止まっているものを撮るなら ニコン

初心者モデルの値段が高いか安いか

安い キヤノン
高い ニコン

最新モデルが出るサイクル

遅い キヤノン
早い ニコン

耐久性

低い キヤノン
強い ニコン

凄くおおざっぱですがいかがでしょうか?

例を挙げてみると・・・。

  • 子供の運動会ならキヤノン
  • 夜景や紅葉ならニコン
  • 野良猫ならキヤノン
  • 最新家電が好きならニコン
  • 屋内ならキヤノン
  • 屋外でばりばり使うならニコン

どちらが優れているかという議論はおそらく決着がつきません。
議論をする人も沢山います。

ですので、何を撮りたいか?で選ぶのが良いと思います。
基本的に初心者が一眼レフを買おうと思うシーンは。

  • ポートレート
  • 子供の写真
  • 旅行
  • 結婚
  • ライブ
  • コスプレ

こんな理由が多いと思います。

大体人物を撮るのがメインになる人が多いのではないでしょうか?
そうするとキヤノンに軍配が上がります。

初心者向けとしてはやはりEOS Kiss X9が優れているかなと思います。
ちなみに現在はEOS Kiss X10と言うものが発売されています。

つまり、X9が型落ち扱いとなります。
通販サイトでも、新品の時より安くなる可能性がありますのでねらい目ですね。

キヤノン CANON EOS Kiss X90 W デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55 IS II レンズキット [ズームレンズ][EOSKISSX901855IS2LK]




一段の醍醐味は単品のレンズにあり

スマホカメラと違い、一眼レフの最大の利点はレンズを交換できることです。

レンズごとに特徴があり、シチュエーションによってレンズを交換して撮影するのは楽しい瞬間ですね。

ここではレンズの特徴とおすすめをご紹介いたします。

一眼らしい背景がボケボケの写真を撮りたい

一眼に惹かれるきっかけって様々ですが、やっぱり背景がボケると格好いいなーとかですよね?なんかちょっとプロっぽくて。

背景のボケは一眼の得意分野です。
ボケが得意なレンズでおすすめは。


キヤノンユーザーなら99.9%持っていると思います。
最大の特徴はその安さ!!!

キヤノンがファンを増やすために、性能は良いのですが極限まで価格を抑えたレンズです。
これは買って後悔しないレンズですね。

背景ボケが得意です。

食事に行った時に料理を撮りたい

インスタ映えで他の人に差をつけたい。
そんな人におススメなのがこちらのレンズです。


細かい説明をすると難しいので最小限にしますが。
このレンズは、近くのモノを撮影するのは得意ですが、遠くのものを撮影するのは苦手です。

テーブルの料理や、記念撮影、自撮りは最強です。

一眼レフの特徴として、メリットを最大限に生かすためにいくつか機能を犠牲にしています。このレンズは遠くを撮る機能を犠牲にしましたが、テーブルフォトは最強になりました。

広い空や自然を撮りたい

よく見ると奥行きを感じるのですがわかりますでしょうか?
手前が広く奥が細くなっています。


このレンズが得意なのは風景を広く撮る事です。
広角に撮影できるんですね。

  • 自然
  • 花火
  • 建物の全体
  • 大人数の集合写真

このあたりが得意です。
ただしデメリットがあります。

上記の写真でもわかるように、写真の中央に向かってやや画像がゆがみます。
このゆがみが奥行きを出すので長所でもあります。

つまり、近距離で人物をこのレンズで撮ると両端の人がゆがみます。

風景メインと考えていただければ問題ないかとおもいます。
特徴的なので撮影が楽しいですね。



まとめ

つむゴキさん

 

自分らしさを出せるカメラやレンズが見つかると、一眼を持って出かけるのが楽しくなりますよ。

とても高価なものなので、いきなり購入するのが不安な方はレンタルサービスがおすすめです。
一眼を宅配レンタルしてくれるサービスが近年豊富です。
一度レンタルしてみて、良かったら購入するのが失敗が無いかなと思われます。

カメラレンタル特集!【ReReレンタル】

一眼レフレンタル【種類豊富】